定期的にエレベーターのメンテナンスを依頼しよう

事故を防ぐために

ドア

定期点検で行うこと

ビルやマンションにつきもののエレベーターは、現代社会において便利な設備となっていますが、万が一のことがあれば人命に関わることから安全に使用できることが重要なポイントとなります。普段何気なく使っているエレベーターは、基本的に頑丈に作られていますが、いずれ故障することもあるためメンテナンスが欠かせないものとなっています。エレベーターをメンテナンスするメリットは、機械としての性能維持が基本となりますが、さらに最適な稼働を維持して事故を未然に防ぐのと、ランニングコストの軽減を図る意味もあります。エレベーターのメンテナンスは専門の保守業者に依頼して、定期的な点検をしてもらいます。点検内容は正しく稼働しているかだけでなく、機械室に入って清掃したり、グリスを塗り直すことや調整、メインロープの交換を行います。また、かご内部では蛍光灯や押しボタンスイッチなどの消耗品の交換を行います。どれかひとつでも問題が起これば、損耗率が上昇してエレベーター全体が故障するなどに繋がるため、細かい問題も見逃さないメンテナンスが必要となるのです。メンテナンスにかかる費用は独立系の保守業者も参入してきて、価格競争が起こっているので一概には言えませんが、フルメンテナンス契約では30,000〜45,000円、消耗品の交換程度で済ませる契約では20,000〜30,000円程度です。決して安いものとは言えませんが、災害や不測の事態で起こる問題に比べれば安いものと言えます。